株式会社リョケン

旅館経営の知恵

-リョケン研究員が
お届けする経営のヒント-

旅館経営タテ・ヨコ・ナナメ

2019.09.19

業務効率化への取り組み(1)

商品・販売面に関するテーマをここで一区切りとし、今回より「業務効率化への取り組み」について述べる。 旅館におけるコストは、大きく売上原価、人件費、諸経費に分けられるが、以前も述べたように、旅館は「労働集約型」の産業であり、三つのコストのうち人件費のあり方が収益構造を最も大きく左右する要素といえる。以前「削ぎ落とすべきコストを考える」と題し、人件費効率化…

旅館経営タテ・ヨコ・ナナメ

2019.09.12

利用ニーズの変化と対応(7)

団体客の減少によって、クラブ、ナイトラウンジといった施設があまり使われなくなった。かつては館内消費を高める場として有効であったが、今日へたをすると館内でも利用度のかなり低いスペースになっている。

旅館経営タテ・ヨコ・ナナメ

2019.09.05

利用ニーズの変化と対応(6)

ここ数回にわたり、客室のあり方について述べてきた。今回は畳宴会場の見直しについて考えたい。

2019.08.28

利用ニーズの変化と対応(5)

個人客が主体となってきている中で、画一的な規格の部屋をそろえるより、あえて部屋タイプのバリエーションを増やしていくことについて前回提言した。このことをもう少し詳しく考えてみる。

旅館経営タテ・ヨコ・ナナメ

2019.08.21

利用ニーズの変化と対応(4)

旅行社送客に大きく依存していた時代には、「送客側の都合」として多数の同一規格の部屋が必要であった。その方が、タイプごとに異なる客室のスペックをこと細かに確認したり、部屋割りに神経を使ったりといった難しいことを考える必要がない。また同じグループの中で「あっちの部屋は次の間があるのに、こっちにはない」というような不公平感が生ずる心配もない。 同じことは「旅館側…

旅館経営タテ・ヨコ・ナナメ

2019.08.16

利用ニーズの変化と対応(3)

前回は、「2人利用を基本に商品と売り方を組み立て直してみよう」という提言のもとに、現状の客室で「個人客向けオペレーション」によって価値を高めるためのヒントをお伝えした。 今回は客室の改装を前提に考える。あらためて確認するが、旅館の客室は「2人利用のジレンマ」をどう乗り越えるか? が大きな課題である。(その背景は前々回をご参照いただきたい)…

テーマ

最近の投稿

業務効率化への取り組み(7)
業務効率化への取り組み(6)
業務効率化への取り組み(5)
業務効率化への取り組み(4)
業務効率化への取り組み(3)

最新人気の記事