株式会社リョケン

信州松本 美ヶ原温泉 翔峰

おもてなしのいただきを目指し
温泉ホテルから上質な日本旅館へ

信州松本 美ヶ原温泉 翔峰(長野県・美ヶ原温泉)

奈良時代から続く温泉地で、昭和34年に温泉ホテルとして営業を開始し、歴史を刻んできた翔峰。
時代とともに旅のスタイルが大きく変化する中で、これからのあるべき姿を具体化し、
スタッフ全員で地域を代表する日本旅館を目指す。

団体から個人へ、お客様の変化に合わせた商品づくりを

長野県第2の都市、松本市中心部から車で約15分に位置する美ヶ原温泉。
高台に位置する翔峰からは北アルプスの峰々と松本市内を望むことができる。
夏の人気観光地である上高地や美ヶ原高原にも近く、恵まれた立地ではあるものの、
近年の旅のスタイルの変化に合わせた商品づくりをしなければ、
いずれ収益をあげられなくなるという危機感のもと、新たな取り組みが始まった。

信州ならではの味覚を五感で味わうライブキッチン

第1期リニューアルのコンセプトは「うまし旅へ」。その最大の目玉がダイニング。それまでのホールが、伝統工芸や松本民芸家具をモチーフにしたデザインを採用した高級感溢れる旬菜ダイニング「信州」として生まれ変わった。48卓・142席のダイニングは、個人客を意識し、衝立でプライベート感を確保。石窯を有するオープンキッチンも用意し、信州産の食材をふんだんに使い、「信州を味わい尽くす」空間を演出した。

旬彩ダイニング「信州」

客室を改装し、上質な滞在を提案

社員旅行をはじめとする団体客の減少と個人客の増加により、一室あたりの平均利用人数は減少傾向にあった。ならば、なるべく多くのお客様に一部屋を利用していただく対策を考えるのではなく、少ない人数でゆったりと寛いでいただける付加価値の高い客室にできないか。そうして誕生したのが中央殿「嶺雲(りょううん)」と東の館「蒼昊(そうてん)」。

中央殿は、「北アルプスの山々と松本平の雄大な景色を望む客室」をコンセプトに、4・5階は露天風呂付和洋室、6階はデラックスツインルームに改装した。
東の館は、「北アルプスの山々を一望できる絶景の客室」をコンセプトに、窓際にフローリングのリビングコーナーを用意。7階客室には天然温泉の展望風呂も設えた。室内には手動のコーヒーミルを設置し、景色を楽しみながら時を過ごしていただくための仕掛けも加えた。

中宴会場が北アルプスを望む展望風呂に様変わり

大小宴会場やコンベンションホールを有する翔峰は、4つの中宴会場も備えていた。団体客の減少とともに宴会需要が減少するなか、中宴会場のスペースの活用として行ったのが展望風呂への転換だ。
「美しの湯」と名付けた展望風呂には、「内湯のゾーン」と「半露天風呂のゾーン」を備え、天然温泉の他、シルクバスや炭酸風呂も用意した。大浴場「束間の湯」とともに、翔峰の顔となる施設の一つとなった。

お子様も楽しめるスペースを

お子様が遊べるスペースとして、売店横にキッズコーナーを新たに設置。東急ハンズプロデュースにより、檜の玉のプールや木のおもちゃなど、自然素材を使ったものを中心にセレクト。一部の商品は売店でも販売している。子供たちの見守りスペースとして、大人が様子を見守りながら過ごせるソファとテーブルも用意した。

おもてなしの心を細部まで行き渡らせるために

翔峰には毎年、新卒の社員が複数名入社する。リョケンの社員研修プランを利用し、新入社員研修や先輩社員研修を行うとともに、接客研修eラーニング講座も活用。「サービス・マニュアル」をいつでも閲覧できるように事務所に置き、ベテランスタッフも度々あるべき姿の再確認をしている。客室ご案内マニュアルや料理提供シートも作成し、サービスの標準化を図っている。
全員がサービス向上の意識を持つ空気を醸成しているのだ。

新たなステージを「花浅葱色」に込めて

「さらなるおもてなしのいただきへ」-今回のグランドオープンのテーマであり、新たな翔峰のビジョン・コンセプトを現したものだ。
「豊かな自然・癒し・寛ぎ」に満ちた温泉宿として、地域を代表する宿となることを決意。宿の顔となる名称から「ホテル」を外し、テーマカラーやロゴも刷新。新たなテーマカラーはやわらかでやさしく上質感のある日本旅館のイメージにあう日本の伝統色「花浅葱色」を採用。ロゴは、「飛翔と高峰」「水と波紋」「空と風」などの信州の自然環境を現すデザインとした。

「例えお客様の人数が減ったとしても」

今回のリニューアルにより、客室やサービスを上質なものとし、宿泊料金も改定を行った。宿泊料金が上がることで、お客様の人数は以前より減るかもしれない。しかし、個人客が増えている今、人数を追うのではなく付加価値を高めることが必要との経営判断により、迷いなく全員で新たなステージに立った翔峰。
翔峰の経営ビジョンは「感動の温泉宿」。ハードとソフトの両面でお客様の期待を超える感動を提供する宿となるーまさにそれを実践し続けている。

alt
信州松本 美ヶ原温泉 翔峰
信州松本 美ヶ原温泉 翔峰
住 所
長野県松本市大字里山辺527
客室数
95室(最大収容人員500名)
第1期改装
2017年4月7日竣工
第2期改装
2018年5月14日竣工
総投資額
約9億円