株式会社リョケン

旅館経営の知恵

-リョケン研究員が
お届けする経営のヒント-

旅館経営タテ・ヨコ・ナナメ

2020.09.24

磨け! 独自価値(3)

独自価値とはどういうものか、またその捉え方について、「それ以外のもの」との対比でお伝えしてきた。しかし、まだ言葉の意味に毛の生えた程度のことを述べたに過ぎない。そこで独自価値というもののイメージをもう少し浮き彫りにしていきたい。    

旅館経営タテ・ヨコ・ナナメ

2020.09.10

磨け! 独自価値(1)

毎日の売り上げをなるべく大きくするために、どこの旅館も鎬(しのぎ)を削っている。一般的にとられる方策は、お値打ち価格にしたり、何か特典を付けたりすることだ。いずれも広い意味で「価格競争」と言ってよい。日々の戦いとしては必要なことだが、これは一方で収益をそれだけ減らすことになり、これのみに頼っていてはいずれ経営の疲弊を招く。   &nbs…

旅館経営タテ・ヨコ・ナナメ

2020.08.06

生産性向上の大局観(6)

「また2人辞めてしまいました」「募集をかけても応募がありません」…近ごろこんな悲鳴がほぼ全国で聞かれるようになった。

旅館経営タテ・ヨコ・ナナメ

2020.07.30

生産性向上の大局観(5)

前回は、寿司屋の例を引き合いに「商売モデルと生産性」にいくつかの行き方があること、また新たな宿泊業態の抬頭(たいとう)に備えて、そのことを考えていく必要性について述べた。    

旅館経営タテ・ヨコ・ナナメ

2020.07.02

生産性向上の大局観(1)

人手不足が急速に切迫した問題となってきた。とにかく人の確保ができなくなってきている。そんな中、生産性向上への取り組みも、目的や着地点に対する認識がなんとなく空中分解して、漂流してしまうケースが見受けられる。しかし、だからこそ生産性というものを、もう一度経営活動の全体に照らして俯瞰してみたい。

旅館経営タテ・ヨコ・ナナメ

2019.10.10

業務効率化への取り組み(4)工程

前回に続き、作業について考えていく。今回は作業を「工程」という目から捉えてみる。事の性質上、たびたび製造業を引き合いに出すことになるのをお許しいただきたい。なるべく旅館の現場業務に即して話を進めたいと思う。

テーマ

最近の投稿

磨け! 独自価値(3)
ウィズコロナ期のサービス【マスク着用のお声掛け】
磨け! 独自価値(2)
磨け! 独自価値(1)
旅館ホテルのウィズコロナ期の運営ヒント
ウィズコロナ期のサービス「お荷物のお手伝い」

最新人気の記事